FC2ブログ

ようやくだよ..

2017.08.22(Tue)

vmIRXkSF.jpg

突然ですが、大学を来月に卒業することが決定しました。
これで一応、自分には絶対になれないと思っていた夢の「大卒」になれます。
まあ日東駒専な上に3年半遅れではあるけどね..w

これでなんとか区切りがつけられます。
諦めずに中退しないでここまで来れて本当によかった..
本当に辛かった。日本の大学は卒業が簡単っていうのは嘘だね。自分にとってはだけれどw

でもこれからどうしようか..大急ぎで考えて、行動をしていかなければ..
疲れた...
スポンサーサイト

「優しい」って?

2017.08.17(Thu)

自分が中学生の頃、ネット上で報じられていた世界情勢のニュースに、
「男がテロを起こそうと爆弾を仕掛けようとしたが、近くに子どもたちがいるのを見てそれを止めた」
という記事があった。

そして、そのニュースに対してのネット上での反応の中に、
「なんかこの犯人、優しい人ですね」というものがあった。
その反応を見て、当時の自分は少し、異様な気持ちを抱いてしまったのを覚えている。

いやいや、その犯人は最初、爆弾で大勢の人の命を奪おうとしたんだよ?
それが、ただ子どもを巻き込みたくないからと、爆弾を仕掛けることを止めただけのことで、
なぜ「優しい」ということになるの?
さだまさしの「償い」という歌に出てくる「ゆうちゃん」のような人なのであればまだしも、
たかがそれだけのことで、「爆弾で大勢の人の命を奪おうとした男」が「優しい」なんてことになるの?
という疑問。

ただそこら辺を歩いているだけで爆弾に巻き込まれる可能性のあった、罪もなき善良な一般市民は
そのニュースの中では何の印象も(=プラマイゼロの印象しか)持たれず
爆弾で大勢の罪もなき善良な一般市民の命を奪おうとする、という明らかにマイナスなことをした犯人が、
なぜか「優しい」というプラスの印象を持たれるというムチャクチャな矛盾

何だか「優しい」って良く分かんね~な、と思った。

嬉しい事実

2017.08.13(Sun)

自分はランニングを趣味にしようと意気込み、今年の1月15日から走り始めましたが、
これまでの記録を基に計算をした結果、
1月15日~7月14日までの半年間で、通算150km以上の距離を走っていたことが判明しました。
ぬお~これは嬉しい。

元々運動も走ることも大嫌いだった自分が、これだけの距離を走れるようになれたことは、
やはり「体力が無い」というコンプレックスを原動力に、
「今からでも人生を変えてやる」という目標を掲げ、それに向かって励んだ結果だと思います。

まあ、ランニングが趣味の人たちからすれば、まだまだただの雑魚だけれども、
人並みの体力を手に入れられたことは自信にも繋がります。

この調子で強靭な体力と精神力を身に着け、あらゆることを自分なりに(これ大事)成功させていきたい。
そして大学のほうも、どうか卒業できていて欲しい。頼む。

人から好かれたい 愛されたい

2017.08.12(Sat)

最近よく思うことがある。

人と関わっている中で、その関わっている相手から信用され、好かれるようになるためには、
それだけの価値や説得力になるものが、結局は必要なんだよな。ということ。

何の魅力も価値もないような人間が、
「俺のことに興味を持てよ!!」というような態度に出たところで、どうせウザいだけ。
だからといって受け身な態度でいても、それに拍車をかけてしまう。

人と関わっている中で、その相手と仲良くありたい、関わっていたいという気持ちがあるのであれば、
相手から見てもそう思えるような要素を持つ努力をしていかなければならない。

モテるタイプやリア充タイプの人たちは、お互いに共感しあえる部分があるからこそ、
あのように集まってワイワイできるのだろうし、
その蚊帳の外の存在でしかない、モテないタイプや非リアタイプの人たちが
いくら忌み嫌ったところで、痛くもかゆくもない。

「相手からも来て欲しいのに..」「なんで自分ばっかり人のことを追いかけないといけないの?」
「自分なんかが誘ったりしたところで、相手からしたらウザいだけだろう..」
そう思うのであれば、結局はその相手から好かれるための魅力を手に入れるしかない。

絵でも歌でも、会話でも優しさでも、何か1つ、人のことを楽しませることのできる魅力。
それを諦めずに探していこう。

でいや~

2017.08.06(Sun)

大学の試験が全て終わりました。
この結果次第で、今年の9月に大学を卒業できるかどうかが決まってしまいます。
それが分かるのは22日。それまで神経をすり減らしながら待たなければならない。

あ~..どうするのこの先。たとえ卒業ができてもできなくても、絶望しかない。
その絶望を努力で希望に変えていきたい。それを楽しむことが大切。

昨日は友達と地元の花火大会に行ってきました。
いい気分転換になり、すごく楽しかった。

そんな感じで本格的に進路を決めていかなければならない状況になりました。
色々と諦めずに考えていきたいです。

プロフィール

Author:ヨウ
男子大学生(2017年9月、ついに卒業。)

成長期は事情により、会話嫌いな状態でした。小学校入学から高校卒業まで、人前で全く声を発しない状態で過ごしました。現在も後遺症と闘っています。

明日はきっと俺の空。
↑こちらに移転しました。

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

↑