FC2ブログ

夢のような

2013.05.08(Wed)

今日は、先の日記にも書いた大学の女の子と、
授業が終わった後に大学の校舎内にある椅子で1時間以上話をしました。

お互いの予定までの時間つぶし的な感じで、思いのほか緊張せずに楽しく過ごせました。
緊張しいなその子も、「緊張してない」と言ってくれました。
終始足をぶらぶらさせながらとてもリラックスした様子で話してくれて、
なんというか自分なんかにここまで心を許してくれるなんて、とても嬉しいです。

ニックネームの話になると、
自分「『○○さん(名字の一部にさん付け)』って呼んでいい?」 その子「いいよ」
と、その子への呼び名を決めたり、友達の話になると、
自分「(自分達の関係は)友達でいいんじゃん?」 その子「まあそれ以外に当てはめようがないもんね」
と友達であることを確認したり、ふと沈黙になると、
その子「沈黙って気まずい?」 自分「○○さんと話せるってだけでも嬉しいから別に」
と照れくさいようなことを言ったりと、
なんというかこんなに仲良くなっちゃっていいのだろうか、と思うほどの関わりようです。

ちょっと前までの自分からしたら本当に、夢だよね。夢w
まるで非現実的なことが日々起きているような感覚です。

本来ならば他の学生と関わる機会を与えることに関しては消極的だと思うので、
こういう機会を与えてくれる大学の方々には本当に感謝、感謝ですm(_ _)m
スポンサーサイト



プロフィール

Author:ヨウ
男子大学生(2017年9月、ついに卒業。)

成長期は事情により、会話嫌いな状態でした。小学校入学から高校卒業まで、人前で全く声を発しない状態で過ごしました。現在も後遺症と闘っています。

明日はきっと俺の空。
↑こちらに移転しました。

カウンター

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

↑