FC2ブログ

立て直す

2013.01.31(Thu)

先日は一念発起し、若者自立支援センターに行ってきました。
説明を聞いただけでしたが、良さそうな所だなあ、という印象を受けました。

長年付き添ってきた発話の問題も、かなり改善してきたんじゃないかと思うので、
自分を変える一環として、これからも色々としていきたいと思います。

相変わらず精神状態には波があります。これを上の方向にどうやって持っていくか。
というかもう立て直せないと自分が危ない。
治せないと死ぬぐらいの勢いでいくいかないと思います。

今まで、色々と試しては駄目、試しては諦めの繰り返しでした。
それももう卒業したい。いい加減、これだ!というものを見つけたい。
その一環のNLPにはなんとしてでも効果を感じたい。
そのためにはプラスの方向に向けることに集中するしかない。
スポンサーサイト

「肩書き」を変える!

2013.01.26(Sat)

ある人が、変わることの秘訣は、
「自分の中にある、自分の肩書き(セルフイメージ)を変えること」と言っていた。

たとえば人との会話が出来ない人は「人と話すのが苦手」という肩書きが自分の中にある。
でも、ちょっとひねって、「ただ単に、人との会話の方法を知らないだけ」としてみる。

勝手につけるのは自由なのだから、自分にそのようなプラスにとらえた肩書きをつけてあげる。
そうすると、人間ってのは不思議なもので、本当にそうなっていくんだ、と。

そこで自分も、自分の肩書きを考えてみた。
自分にはまだまだ人よりも足りていない部分がある。また、人の集団の中から孤立してしまっていたりする。
でも「色々と足りていない奴」「孤立した奴」とするのではなく、こうしてみる。

「変な生き方をする、幸せ者」

これでいこう。うーん、しっくりくるね bbbb ^∀^ bbbb

コーヒー始めました

2013.01.18(Fri)

「コーヒーにはいい効果が沢山 抗うつ剤よりもコーヒーが有効?」というニュースを見てから、
コーヒーを飲む習慣をつけ始めました。正直わらをもすがる思いだよね。

どうせ効果は感じられないんだろうけれど、感じられたとしたら出来るだけ飲みまくってやろうか。
致死量に至って死んでもいいや。そうなれたら本望みたいな感じで。

もうね、この呪われた状態からどうしても抜け出したい。でも抜け出せない。抜け出したい抜け出せない。

最近思ったこと↓

「辛いのぉ。なんでワイばっかりこんな辛いねん」
「辛いのはみんな同じなんやで」
「ならワイの立場になってみるけぇ?」
「それは勘弁やで」
「あんさん何言ってまんねん、みんな同じなんやろ」
「同じとはいってもね、あんさんの立場になるのはやっぱ嫌やねん」
「なんやそれ。それはつまり、あんさんは自分よりワイの立場の方が不幸だと思っとるということけぇ?」
「そう..いうことなのかもしれまへん」
「なんやねん。ならなぜ皆同じだなんて言うのけぇ?」
「それは...そう言うことしか、一番正解に近いことが見つからないからでおます」
「ワイはそれが納得いかないけぇ、もっと正解に近い答えはあるはずけぇ」
「例えば何けぇ?」
「A」

このAを見つけるのが最近の目標。

純粋さを持って生きていたい

2013.01.17(Thu)

というかね、なんでこんなにも辛いのか、考えてみて気づいたのね。

あるモノが足りてないんだよ。子供時代にはあったけれど今にはないもの。
毎日楽しくて幸せだったあの時代にはあって、今にはないもの。

そう、「純粋さ」がないんだよね。

つまらないホームページを運営していても楽しかった。延々とゲームをやっていても楽しかった。
学校は嫌いでも、楽しいこともあるにはあった。それはきっと、純粋だったから。

あの頃は、嬉しいことがあると「嬉しい!!」楽しいと「楽しい!!」幸せだと「幸せだ!!」
と、素直な気持ちで感じられた。ところが今はどうだろう。
嬉しいこと、楽しいことがあっても、「うん。で?」「あーあ。どうせ地獄の日々の中での楽しみだ」
という思いがどこかに浮かんできてしまう。

目の前で、身の回りで淡々と起こる嬉しいこと、楽しいこと、それをあまりにも淡白に受け流し過ぎていた。

なぜなのか。それは、色々と嫌なことや、辛いことを経験してしまったからに他ならない。
大人らしさとか、年齢とか、性別とか、自分の置かれている立場に対する、
色々な「らしさ」を気にすることを強いられるようになってしまったからに他ならない。
色々と考えてしまい、自分の中の純粋さを押し殺してしまうからに他ならない。

あの頃の純粋さをもう一度、何としてでも。取り戻してやりたい。
もう一度、嬉しいことがあると「嬉しい!!」楽しいと「楽しい!!」幸せだと「幸せだ!!」
そう素直に感じられる人生に、してみたい。

なんだろうね

2013.01.13(Sun)

なんというかさ、幸せになったり有利な状態になったりする病気があってもいいじゃんって思うよね。
例えば、勉強をすればするほど快感を感じられる病気とか。
そしたら高校も大学もよりどりみどり..ってまあ俺の頭じゃそれにかかっても無理かw

結局さ、不利な問題や境遇を抱えていると、「そうでない(ように見える)人達と自分は違う」と思って、
それで余計に辛い状態に自分を押しやっちゃうんだよね。それを出来るだけ自分で防ぐことだよね。

例えば、SMAPって歌下手じゃん。でも逃げずに頑張って歌ってたりするからあれだけ人気なんだろうね。
生きるのが下手でも、頑張れば楽しい生き方が出来たり、人から好かれる存在になれたりするのかね。

努力努力って色々と言われてきて、努力がなんぼのもんじゃい。証拠をみせてみい、
って思ってたけど、努力が実ってる人達なんてそこらじゅうに居るわな。

心に残った言葉

2013.01.09(Wed)

「自分と他人は違うとでも思ってんの?」

この言葉を投げかけられて気が付いた。
「問題を抱えているから」と言って、「自分」と「そうでない人達」を分けて考えるのは違うと。

例えば、理解されにくい病気で「自分の抱えている問題なんて周りには理解されない」
..なんてことを嘆いている人は沢山居ると思うけれど、
嘆くんじゃなくて、病名が付いていることに感謝して、改善していく努力をしようぜ。そういうことだよね。
名前があるということは、理解してくれる人が少なからず居る、ということだしね。
「病気」だというのなら風邪と同じで治すもの。一時的な治るもの。それを忘れちゃ駄目だよね。

「自分は○○だから、ここはこう振る舞うべきかなあ」
「こう振る舞ったら、○○のくせにって思われるかなあ」
「自分は○○だから、○○なんて出来ない」
みたいな感じで、誰しもが生まれ持った自分の境遇や立場を気にして生きている部分はあるとは思うけれど、
自分は特に昔から、そういうのを気にするタチだった。でもキリないんだよね。気にし始めたら。

例えば昔、織田裕二がブログに関して「男が日記つけるのって気持ち悪くないですか」とか言っていた。
自分の家族が「いい年した大学生がポケモンをやるなんてどうなの」なんて言っていた。
でも自分は一応男だけれどブログを書いているし、大学生だけれどポケモンだってやっている。
でも別にそういう価値観に刃向って生きているつもりもない。ただやりたいことをやって生きているだけ。

タレントのさかなクンは、魚好きで異様にテンションの高い独自のキャラなことから、
周りからたまに「気持ち悪い」だの「変」だの言われたりしている。
でも、彼自身はそれを気にせずに自分の生き方を確立しているし、
それを好意的に受け入れている人達だって沢山いる。
そしてそれを最大限に活かして、大学教授として立派に成功だってしている。
はるな愛みたいなオネエ系の人達だって、「おバカタレント」の人達だって同じだよね。

彼らは心の中でこう世間に問いかけているはず。
「分けるために違いがあるの?」「『らしさ』を強いるために差があるの?」と。

2013

2013.01.02(Wed)

あけましておめでとうございます。

今日は生まれて初めて箱根駅伝を見ていました。
思ったんだけど、駅伝に出てる大学って私大ばっかりだよね。
私大は色々と推薦枠も多いし、国立だとやっぱ学力の方に水準が傾いちゃうってことなのかね。

昔は、芸能人がAO入試を利用して何の努力もせずに有名大学に進学しているのを見て、
あれは一般入試で受かる人たちに失礼なんじゃないか?と思っていたんだけれどね、
まあ大学受験をする芸能人は、周りが遊んでいる中子供時代から努力をしている訳だし、
そういう特権が与えられるのも、それはそれでいいのかもなあと最近は思ったり。

話は変わって今年の自分の抱負は、「普通になる」でいこうと思います。
何かの問題を抱えた人が「普通に生まれたかった」だの言うけどさ、
「普通」って多数派ってことだよね。「これが自分にとって普通なんだ」って思えば、
自分の中では「普通」に出来ちゃうんだよね。
でも納得が出来ないのであれば、少しでも努力して自分の望む状態にしていくしかないんだよね。

プロフィール

Author:ヨウ
男子大学生(2017年9月、ついに卒業。)

成長期は事情により、会話嫌いな状態でした。小学校入学から高校卒業まで、人前で全く声を発しない状態で過ごしました。現在も後遺症と闘っています。

明日はきっと俺の空。
↑こちらに移転しました。

カウンター

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

↑