FC2ブログ

たまにはゲームの話でも。

2012.11.17(Sat)

アメリカのTIME誌が、歴史上最も偉大なゲーム100選を発表した。

主に、ポケモンとカービィの二大巨頭で構成された自分の成長期。
この2作は、なんとその100選には選ばれていなかった。

ポケモンには小学2年生の時にやった金銀から入り、どっぷりハマった。
金銀クリスタルは本当に何度も最初からやり直しまくったね。
そして1.0以上あった視力が0.5未満まで急激に下がり、ゲーム禁止を食らうはめに。

カービィは小中時代、HTMLを理解してHPを立ち上げるほど大好きだった。
カービィ64のクリスタルを取ることにはとにかく奮闘した思い出。

子供時代は辛かったけれども、辛いことばかりじゃなかったんだよね。楽しいことも多かった。
ゲーム脳だの何だの言われるけど、ゲームに支えられている人が多いのも事実なんだよね。
スポンサーサイト

乙武さん降臨

2012.11.05(Mon)

今日は自分の大学の学園祭だった。

学園祭自体にはあまり興味がなかったけれども、
なんと乙武さんが講演に来るということで、微熱と咳があるにも関わらず行ってきた。

自分は開演30分前に入場し、前から2列目の席を確保。
周りを見回してみると学生よりも明らかに年配の方が多く、
学生と非学生の割合は1:9みたいな感じだった(^^;

乙武さんの話の中で印象に残ったことは、
「過去の記憶を払しょくするにはどうすればいいか」という客席からの質問に対して、
「やっぱり時間だと思いますね。大震災に遭った気仙沼の子供たちも心に深い傷を負ったけれど、
時間は戻せない。出来ることなら3月11日のあの時の前まで、時計の針を戻したい。
誰しもがそう思うけれど、それは出来ない。だから、起きてしまったことを少しずつ、
時間をかけて受け入れて、『その出来事があったからこその今がある』という風に、
少しでもプラスの方向に持っていけるよう、
われわれ大人が手助けしてあげる必要があるのではないでしょうか」という話だった。

そして、乙武さん自身、大震災発生の直後にボランティアに行く人たちを見て、
そういうことの出来ない自分がとても無力に感じて悔しかったと言っていた。
でも、自分に出来ることは何かを考えて、それを実行に移した。
それがかの始球式。その映像がスクリーンに映し出され、会場からは拍手があがった。

誰にでも出来ること、出来ないことがある。でもそれを活かして、
皆がパズルのように支え合う世の中が、理想的なのではないだろうかという結論だった。

自分の境遇を受け入れているからこそ言えることだよね。
そして、あれだけ人を感動させ、惹き付けられるトークの巧さは本当に凄いと思った。

ふごふごふごふご

2012.11.02(Fri)

存在してること。生きること。辛いね。本当に辛い。

優しい人を支えられる存在になりたい。その思いは変わらない。
いつまでもめちゃくちゃな精神状態を立て直せないのは弱さかね。

なんでだろうね。何もかもがうまくいってるように見える人はいるけれど、
やっぱああいう人たちって精神が強靭なんだよね。なんで自分はこうも脆いのかね。

とりあえずやれることからやってる日々が続いてるけど、やり直したいと思うことばかりでね。

頑張ってる人ってすげえよなあ。尊敬するよ。本当に尊敬する。
まさにこのブログを読んでいる貴方のこともね。

プロフィール

Author:ヨウ
男子大学生(2017年9月、ついに卒業。)

成長期は事情により、会話嫌いな状態でした。小学校入学から高校卒業まで、人前で全く声を発しない状態で過ごしました。現在も後遺症と闘っています。

明日はきっと俺の空。
↑こちらに移転しました。

カウンター

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

↑